こんにちは、管理人です。

 

トランプ大統領が、連日北朝鮮についてブチ切れてることが話題になってますが、今日国連で彼が発言したとされる

「あるキーワード」

が、話題になってるのを見かけました。

Sponsored Link

金正恩氏を「ロケットマン」と呼ぶとは・・・

 

それがこちらの話題!

 

あのトランプ大統領が、国連で金正恩氏のことを「ロケットマン」って呼んだってことなんですよね・・・。

 

引用元

 

正直、日本人としては「ロケットマン」って聞くと連想してしまうのは、ふかわりょうさんなわけですが、言われてみればたしかに金正恩氏のあだ名にもぴったりな気が・・・w

 

引用元

 

北朝鮮の国民がこのことを聞いたら、

「え、髪型?」

ってなることでしょうw

 

管理人
あの国でそんなこと言ったら、しばかれるどころの騒ぎじゃ済まないでしょうがw

 

 

ちなみに、彼が最近愛用してるツイッターでも「ロケットマン(Rocket Man)の調子はどうだ?」なんて発言をしてたりしますw

Sponsored Link

「ロケットマン」に込められた意味や意図が気になる

ロケットをたくさん発射する男=ロケットマン

的な命名なのはわかるけど、それなら「ミサイルマン」でもいい気がするし、

なんで「ロケットマン」にしたんだろうか?

ってのが、めっちゃ気になるな~。

 

とかって思ってたら、ちょうど夕方のニュースで特集がされてました。

 

トランプ大統領が「ロケットマン」って言葉を使った理由

アメリカでも、この発言に対してさまざまな憶測があるわけですが、現在最も有力とされてるのが、

「エルトン・ジョンさんの70年代の曲のタイトルから取ってきたあだ名」

とされてます。

 

引用元

出生名 Reginald Kenneth Dwight
生誕 1947年3月25日(70歳)
出身地 イングランド ミドルセックス州、ピナー
学歴 王立音楽院卒
ジャンル ロック、ポップス
職業 ミュージシャン、シンガー・ソングライター、ピアニスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル、ピアノ、ハープシコード、オルガン、ハーモニウム。メロトロン、クラビネット
活動期間 1969年-
レーベル Rocket Records、RCAレコード、ユニバーサル・レコード

引用元

 

管理人
アメリカ人じゃない(イギリス人)のに、トランプ大統領に影響を与えるとかすごすぎます・・・。

 

 

どういうことか詳しく!

実は、エルトン・ジョンさんの「ロケットマン」の中には、

宇宙飛行士は華やかに見えて孤独

ということを歌ってる歌詞がありました。

 

 

事業拡大に向けて「孤独な戦い」をしてた、当時20代だったトランプ氏は、この曲を聞き大ファンになり、選挙戦でも使用するくらいこの曲を好きになりました。

 

坊や
好きな曲を、敵対してる国の代表に対して使うの?

って話しなんですが、テレビで出てた専門家いわく、歌詞の中で、

「宇宙で孤独になって、燃料を使い果たしてしまう」

という部分が、今の北朝鮮の

「ミサイル開発で地球上で孤立し、資源や経済力を失ってしまう」

っていう北朝鮮の今後と重なる部分が強く、トランプ氏が引用した可能性が強いってことなんですよね。

 

引用元

 

ただ、いくら非難してる国とはいえ、国のトップをそんなあだ名で呼ぶのは失礼にあたります。

 

管理人
実際北朝鮮も、そのくらいされても仕方ないことをやってるわけですが・・・。

 

なんで、この発言が金正恩氏の耳に入れば、少なくとも事態が好転することはないだろうから、そう考えると、「平和」への道のりはまだまだ遠い気がします・・・。

 

よく、

北朝鮮には、「説得」は無駄

武力(力)を持って、追い詰めるしかない

っていう話は聞きますが、ミサイルの問題は解決してほしいものの、新たな問題だけは生まれてほしくないな~って気もしてます。