こんにちは、管理人です。

 

「金曜日の夜は早く帰らなきゃ・・・」ってくらい、最近はまってるのが竹野内豊さんの

「この声をきみに」

だったりします。

 

まだ、1話ぶんしか放送されてませんが、めちゃ面白く、今夜の放送も楽しみにしてる感じなのですが、実は1話を見てみて気になった登場人物がいました。

Sponsored Link

「この声をきみに」の穂波(竹野内豊)の2人の子供がかわいい件

それは、出演してる子供について!

 

1話の放送のちょうど中盤くらいで、

穂波(竹野内豊さん)が、息子と小学校前の公園で会話するシーン

があったんですよね~。

 

引用元

 

残念ながらキャプ画がない感じなので紹介できませんが、あそこでの、息子さんに本を読んであげた穂波(竹野内豊さん)が発した、

「みんなで手を繋いで空に浮かぶ。重力無視だ」

的なセリフが、めっちゃ印象的でしたw

 

管理人
そういうキャラなんでしょうがないですが、そりゃ奥さんにも離婚を求められるし、大学の授業もつまらないって言われるよな~ってw

 

その後、高学年のお姉ちゃん的な11歳の娘さんもやってきて、嫁(ミムラさん)に2人の子供の親権も取られそうになってるってことがわかるわけですが、子役の2人がめっちゃ可愛かったです(^^)

Sponsored Link

穂波(竹野内豊)の娘と息子役の子役について

wikipediaで子役の名前を確認してみました。

 

穂波 舞花
演 – 安藤美優
孝と奈緒の長女。

穂波 龍太郎
演 – 加賀谷光輝
孝と奈緒の長男。
引用元

 

そうしたっけ上記の、

  • 安藤美優ちゃん
  • 加賀谷光輝くん

の名前を発見!

 

お~、やっぱ名前を見てみても、

坊や
ごめん、誰だっけ?

って感じなので、もうちょい詳細にプロフィールも確認してみます。

 

娘(舞花役)の子役、安藤美優のプロフィール


引用元

2007年2月28日生まれ
Tall 141 Shoes 23(2017/9/15更新)
ヒラタオフィス所属
引用元

 

まずは、お姉ちゃん役の子役の安藤美優ちゃんですが、「ヒラタオフィス」に上記のプロフィールがありました。

 

今年10歳になった、まさに「リアルタイムで小学校高学年」の子役なんですね~。

 

セーラー服と機関銃

みたいな映画とか

渡る世間は鬼ばかり

の特番とかにも出演してて、年齢の割に相当経験値のある子役になります♪

 


引用元

 

うん、改めて写真を見てみても、天使のように可愛いですが、こんな人気ドラマに出ちゃって、そのへんのサラリーマンより普通に稼いでそうw

 

管理人
「年収は全然かわいくない」的なw

 

息子(龍太郎役)の子役、加賀谷光輝のプロフィール


引用元

 

そして、弟役の子役の加賀谷光輝くんですが、「テアトルアカデミー」所属ってことはわかりますが、情報が少ないです。

 

 

上記のように、さらっと出演歴が紹介されてるだけで、実は年齢すら不明の子役です。

 

管理人
見た目的に7~8歳って感じですけどね。

 

ただ、子役としての歴は長く、2013年ごろには既にお芝居の仕事を始めてます。

 

 

また、今年の春には「リバース」で、藤原竜也さんの幼少期時代を演じたことでも有名な子役になります♪

 

あの、公園で父の穂波(竹野内豊さん)と話してるシーンとか見てみても、やっぱ普通に演技上手いですからね♪

 

他の、「大人より演技が上手い子役」と比較しても遜色ないし、今後はwikipediaができるくらいの知名度まで成長してく可能性も大きいんだろうな~♪