こんにちは、管理人です。

 

今夜はやっと

「この声をきみに」

の第二話を見れるんで、朝からずっとワクワクしてます♪

Sponsored Link

「冴えない竹野内豊」ってのもクセになりますね♪


引用元

 

元がイケメンなんで、地味な服装とかメガネを着用しても、思いっきりイケメンですが、こういう

「地味で冴えない男」

を演じてる竹野内豊さんを見るのはすごく新鮮です♪

 

それに、今回の彼は(ドラマの設定上の)性格に難ありで、

  • 授業はだたただらつまらない
  • 心に空いてると主張する「穴」のようなものをやたら主張する
  • 子供相手に難しすぎる話をする
  • 家でもいっつも数学のことばっか考えてる

っていう描写が見られるわけですが、この役柄面白いし、早くもドハマりしてる感じですw

Sponsored Link

なんで竹野内豊の嫁ミムラは離婚したがってるの?

そして、ドラマの1話を見終わって、特に個人的に気になってるのは「離婚理由」について。

 

冒頭から、嫁の弁護士さんからの電話が何回もきてて、途中面会するシーンとかもありましたね^^

 

そもそも1話のドラマのスタートが、

35歳の穂波孝が、大学の女子学生からアプローチされて結婚に至る

ってとこから

結婚して11年目の46歳穂波孝が、家で単身暮らしてる様子(嫁や子供と別居してる様子)

に、いきなりジャンプして描かれてるわけではありますが、

坊や
この11年間に何があったの?

っていうのが、めっちゃ気になってしまいます。

 


引用元

 

穂波(竹野内豊さん)は、一話の放送だけ見てわかるように、

「つまらない男(人間、父親)」

ではあります。

 

ですが、

  • 仕事はきちんとするし、
  • 「学問に精通してる」って意味では頭もいいし
  • 浮気とかもせず「真面目な夫」、「真面目な父親」だし

って考えると、それだけで「離婚」につながる決定的な理由っては思えません。

 

それに、そもそも

  • じゃあミムラさん(穂波の嫁)はなんで、そんな「つまらない男」にアプローチして、結婚しようって思ったの?
  • なんで「結婚11年目」のこのタイミングだったの?

っていう疑問が残るのも事実です。

 

 

うん、やっぱ

「つまらない男」ってだけで、離婚するか?

っていう意見、多いですよね。

 

一話の弁護士の女性との対面シーンで、

私が申し上げることではないかもしれませんが、「旦那さん側で離婚原因がわからない」ってことが問題なのではないですか?

って言われてた穂波(竹野内豊さん)、めっちゃ可哀想だったのを思い出します・・・。

 

 

今の日本にもこういう夫婦多いって言うし、

  • 全国の「つまらない夫」に向けての警告
  • 全国の「離婚したい夫婦」に向けての提案

みたいなメッセージも込められてるんだろうな~。

 

管理人
管理人も、「娘にウザがられてる父親」としては、この問題とは真摯に向き合わねば・・・。

 

竹野内豊さん夫婦の離婚のきっかけについて、公式の設定や憶測等ないかってことで確認してみます!

 

「この声をきみに」で、竹野内豊夫婦が離婚に至りそうな理由は?

まずは公式サイトをチェックしてみます。

 

大学時代に興味を持った孝に積極的アプローチ。卒業後、孝を年下ながらにリードし、結婚。が、長女が生まれると「夫として父として決定的にダメな人種かもしれない」と感じる。
引用元

 

一番ヒントになりそうなのは、上記の穂波奈緒(つまりミムラさん)に関する登場人物の説明欄の記載。

 

「決定的」とは言い難いけど、

「長女が生まれてから、嫁の不満が募りだした」

ってことはわかりますね。

 

一話で言うと、

  • 子供に難しい話をしたり
  • 誕生日パーティーの最中に、「何年後には家族の年齢がみんな素数になって・・・」的な空気読めない発言をしたり

っていう描写があったので、そういうものを指してると言えるでしょう。

 

子供が生まれる前は、竹野内豊さんとミムラさんって、「大人どおし」っていうコミュニケーション方法しか行ってなかったわけですからね。

 

そこに「子供」が加わって、嫁ミムラさんの竹野内豊さんを見る目が変わったってことですね。

 

管理人
「子供に対しての接し方が終わってる」→「もしかして、私が思ってた以上に、うちの夫って人として欠陥があるのかも・・・」的な。

 

 

ちなみに女性目線だと、この「突如別れを提案された夫の気持ち」がわかるって人も多いので、

「嫁に離婚を決意させた決定的な理由」があってのこと

ってよりかは、

「娘が誕生してからの11年間で、徐々に積み重なった何か」

が、限界値のようなものを超えてっていう解釈を、今のところはするのがいいのかな~って気がしてます。

 

1話冒頭の演出により、

  • 11年間の夫婦生活
  • 江崎京子(麻生久美子さん)の過去
  • 過去の穂波(竹野内豊さん)と江崎京子(麻生久美子さん)の接点(最初の協会のシーンで歌ってるのが彼女ですが)

が、意図的にスキップされた形で放送されてるので、今後これらがどう明らかになってくのかってのも、すごく楽しみです♪