新春ドラマ「娘の結婚」が面白そう!

新年の特番の多い時期ということもあり、やたら特番が多いですが、今朝からやたらCMで見かけるのが「娘の結婚」っていう今夜の特番ドラマです。

 

 

中井貴一さんと波瑠さんが出演してて、「愛する娘を嫁に出す」的な内容であることは、ボケっとCMを見ててもわかるわけですが、めっちゃ面白そうだし今夜チェックしてみたくなってきました。

Sponsored Link

ドラマのあらすじ

極度にネタバレしない範囲で、ドラマのあらすじもチェックしてみます。

 

國枝孝彦(中井貴一)は娘の実希(波瑠)と2人暮らし。妻・佳実(奥貫薫)亡きあと男手ひとつで娘を育ててきた。そんな娘に変化が訪れる。「会ってほしい人がいるの」…紹介したい男性がいるという。しかしある理由で会う決心がつかない孝彦は、友人の柴山善郎(段田安則)に心情を吐露。相手はかつて住んでい たマンションの隣人、古市敏之(光石研)、景子(キムラ緑子)の息子で幼なじみの真(満島真之介)だった。だが一番の問題は景子がトラブルメーカーらしいこと。その事実を引っ越すまで知らなかった孝彦は、佳実と景子の間にも確執があったのではと不安になる。果たして娘にどう伝えるべきか?思い悩む中、孝彦は大学時代の恋人・片岡綾乃(原田美枝子)と偶然再会。話をするうちに綾乃と景子の意外な繋がりが発覚…。娘の門出のために、悩み、葛藤し、奔走する父がたどりついた真実とは…!?
引用元

 

なるほどね~、父役の中井貴一さんは「シングルファーザー」であり、愛娘の波瑠さんを手塩にかけて育ててきたわけですか。

 

愛する娘を中井貴一さんから奪うのは、満島真之介さん!

 

管理人
ドラマの中での設定とはいえ、美男美女でお似合いです^^

 

ただ、問題は満島真之介さんの母親役のキムラ緑子さんがトラブルメーカーだってことにあるわけですが、なんか妙にリアリティがあるし、キムラ緑子さんってその手の「クセのある人」の演技が上手だからな~。

 

普通に面白そうだし、結末や展開が気になるところです(^o^)

Sponsored Link

原作は小路幸也さんの文庫本で脚本は水橋文美江さん!

娘の結婚の原作は小路幸也さんの文庫本で、今回脚本を手掛けたのが水橋文美江さんです。

 

管理人
最近ドラマ通ぶるのがマイブームなので、原作とか脚本も気になるんですよねw

 

小路幸也さんは旭川出身の作家

誕生 1961年??月??日
日本の旗 北海道旭川市
職業 作家
国籍 日本
活動期間 2002年 –
代表作 『HEARTBEAT』、『東京バンドワゴン』シリーズ
主な受賞歴 メフィスト賞(2002年)
デビュー作 『空を見上げる古い歌を口ずさむ』
引用元

 

小路幸也さんは旭川出身の作家の先生で、『東京バンドワゴン』シリーズで有名な方です。

 

2016年6月に、祥伝社文庫から「娘の結婚」の文庫本が出版され、今回のドラマの原作になりました。

 

管理人
最近は、ヒット作のドラマ化がほんと多いですね♪

 

脚本は水橋文美江さん

誕生日 1964年1月15日(53歳)
出身地 石川県金沢市
引用元

 

水橋文美江(みずはし ふみえ)さんも、ドラマ等の脚本で有名な脚本家の先生になります。

 

管理人
「ホタルノヒカリ」シリーズとか、あと最近だと「盲目のヨシノリ先生」の脚本も担当しました。

 

視聴率は10%強を予想!

あとは「視聴率」についても気になりますが、こちらはまだ放送前なので確定してません。

 

ただ、最近の「新春ドラマ」を見てみると、

  • 都庁爆破(2018): 8.8%
  • 君に捧げるエンブレム(2017): 8.4%
  • ラッキーセブンスペシャル(2013): 15.0%

って感じで、大体8~15%の範囲であることが見て取れます。

 

それだけだとかなり幅がありますが、今回のこの「娘の結婚」が、

  • CMでたくさん宣伝されてること
  • 人気女優の「波瑠さん」を起用してること
  • 今日が祝日であること

を考えると、視聴率が8%とか一桁ってことは考えにくいので、10~15%程度かなって予想です。

 

管理人
明日にもなれば確定するはずなので、わかり次第確定情報に更新しますね♪

 

 

原作を読んだ人や、波瑠さんのファンが大勢放送を楽しみにしてる感じです。

 

管理人
早く今夜の8時になれっ!