こんにちは、管理人です。

 

最近海外の著名人の訃報が多く、残念に感じますが、

あのギタリスト

もお亡くなりになったっていう知らせを耳にしました。

Sponsored Link

ウォルター・ベッカーって、アメリカのギタリストのあの人じゃん

 

それがこちらの、

ウォルター・ベッカーさん

に関する話題。

 

そんなにギタリストに詳しくない管理人でも、普通に知ってるくらいの大物ですが、彼が享年67歳で惜しくも亡くなりました。

 


引用元

出生名 Walter Carl Becker
生誕 1950年2月20日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
ニューヨーク市クイーンズ区
死没 2017年9月3日(満67歳没)
学歴 バード・カレッジ中退
ジャンル ロック
活動期間 1971年〜現在
レーベル MCAレコード
ワーナー・ブラザース・レコード
リプリーズ・レコード
引用元

 

享年67歳。

 

wikipediaにも早速情報が反映されてるわけですが、男性の平均寿命が80歳を超えてる今、実に残念としか言いようがありません。

Sponsored Link

日本のファンも大混乱・・・

世界的なアーティストなので、当然日本にもファンは多く、彼らも等しく驚きとショックを受けてます。

 

 

あんなにギターが似合う人なんてそうそういないし、やっぱ早すぎるよな~。

 

死因や死亡場所に関する情報は公式サイトからも提供されず・・・

67歳ということなので、死因死亡した場所についても気になり、確認してみました。

 

 

こちらは、海外で第一報が報じられたサイトになりますが、ここによると、

Becker’s official site announced the death; no cause of death or other details were provided.
引用元

とあります。

 

つまり、

「ベッカーの公式サイトは死を宣言した。 死因やその他の詳細は提供されませんでした。」

という意味です。

 

 

実際彼のオフィシャルサイトを見てみても、

w a l t e r b e c k e r
f e b . 2 0 1 9 5 0 — s e p t . 0 3 2 0 1 7
引用元

という、実に簡潔な記載があるのみです。

 

なので、彼の死因などの詳細は、本当に一部の関係者しか知らない情報になります。

 

ギタリストの死因って言ったら・・・

一般的にミュージシャンは病みやすいので、精神病や依存症だったっていう可能性もありますが、ウォルター・ベッカーさんに限っては、そういう噂はなし。

 

特に何らかの病気だったっていう情報もない状態です。

 

しかも、精神的に病んでたとかってことなら、そもそもこの歳までギタリストとして活躍できたことも疑問になってくるので、可能性としては薄いかな~って気がします。

 

一方、ギタリストがなりやすい病気って言うと・・・

  • 「手根管症候群」
  • 「腱鞘炎」
  • 「バネ指」

ってあたりの、「手の痛みを伴う病気」ですが、これらは治療や療養こそ必要なものの、直接的に死に至るものではありません。

 

そうなると、情報が少なく予想も難しいですが、「一般の癌」のような、60代を過ぎてかかりやすいような病気が原因だった可能性もあるでしょうね。

 

死因も気になりますが、最近はこういう悲しい話題が多いので、医療技術や世の中のみんなの幸福度がもっとアップしてくれればな~って思います。