こんにちは、管理人です。

 

黒柳徹子さんのことが大好きなので、「トットちゃん」の放送を楽しみにしてますが、実はあのドラマ

「あの元宝塚女優さん」

も出演するんですよね~♪

Sponsored Link

最近民放のドラマにも出始めてる凰稀かなめさん


引用元

本名 池口 梨花(いけぐち りか)
生年月日 1982年9月4日(35歳)
出生地 神奈川県川崎市
身長 173cm
血液型 A型
職業 舞台女優
活動期間 2000年 –
引用元

 

それがこちらの凰稀かなめ(おうきかなめ)さん

 

元宝塚で、最近は地上波のドラマにも出だしてる彼女ですね♪

 

実は、地上波の作品って、宝塚時代も含めて

  • 「TAKE FIVE」
  • 「家売るオンナ」

の2作品しか出てないので、まだそんなに顔は売れてないのですが、「宝塚出身」ってこともあり、女優さんとしての演技力は当然抜群で買われてる人になります♪

 


引用元

 

今回の、テレ朝のドラマでは「エミー市川」っていう、社交ダンサーの夫を持つ妻役を演じるわけですが、これは演技や役どころ含めて気になるな~。

 

管理人
あのドラマを見たいって確信した理由は、彼女の出演かもしれません♪

Sponsored Link

実咲凜音との不仲説も気になる

宝塚女優が一般の女優さんに転向して売れてくケースって少ないないです。

 

なので、彼女のこの美貌とか見てみても、期待せずにはいられないって感じなのですが、実は凰稀かなめさんって言ったら前々から気になってたことが・・・。

 

それが、実咲凜音(みさき りおん)さんとの仲について!

 


引用元

 

あの、元宙組トップ娘役の彼女ですね♪

 

凰稀かなめさんよりも10くらい若い女性になるのですが、2人は同時期に宝塚のトップ就任したことで話題になりました。

 

宝塚も芸能界と同じく、

「トップに行くには、蹴落としあいも必要」

みたいなイメージもなくないので、こういう噂が出てくるのもわかります。

 

が、実際のところどうなんだろ?ってのが気になるし、

  • 凰稀かなめさんと実咲凜音さんの不仲説の真偽
  • その理由やエピソード

ってあたりについても確認してみたいと思います。

 

不仲説が出てきた理由やエピソードについて

ネットの噂から考察しようかな~って思ってたけど、それよりはだいぶ信憑性のある「本人らのインタビュー記事」を発見しました!

 

就任当初から深い信頼関係だった凰稀かなめ&実咲凜音のトップコンビ

コンビとなった頃から、かなめさんはみりおんに「ついてきてほしい」ではなく「一緒に並んでほしい」と常々伝えていたとか。みりおんのことを思うからこそ、より素敵に見えるように時には厳しいことを言ったそうです。
引用元

 

それによると上記で、「不仲」どころか「信頼しあってて仲が良い」って関係だったことがわかります。

 

管理人
「コンビ愛」なんて言葉も使われてるし、コンビになった当初からお互いの成功を願いあうような理想的な関係といえますね。

 

ただ、これを見て、

「これって雑誌のインタビューだから、本音じゃないんじゃないの?」

って意見もあるかもしれません。

 

管理人も、そう思わなかったっていうと、嘘になってしまうかもしれませんが、実は二人に「不仲説」が流れてたのにはちゃんとした理由があります。

 

お披露目公演銀河英雄伝説に始まり、モンテ・クリスト伯、うたかたの恋、風と共に去りぬ、ロバート・キャパ、ベルサイユのばら、グスタフ3世とこの2人が組んだのはわずか3作品。その中で、いわゆるカップルとしては成立しない風と共に去りぬ・ベルサイユのばらという作品が大劇場で連続するなど、トップコンビとしては不遇とも言える役回りを演じることの多かった2人。
引用元

 

それは、共演が少ないことです。

 


引用元

 

お互いに「トップ女優」でありながら、実は2人が共演した作品ってたったの3作品

 

しかも、各々と作中で恋愛関係にあるのが、別の劇団の人とかだったりするので、「作中で表立って仲が良い」感ってのが皆無なんですよね^^;

 

管理人
特に一流の役者っていうのは、公演とか撮影の最中は「その役になりきる」って話もよく聞きますし。

 

たまたまそういうキャスティングになってしまったってのもあるんでしょう。

 

ですが、

坊や
「トップスター」として二人を売り出してる以上、この2人が作中でもラブラブなところを見たい!

 

って思ったファンも多かったんだろうな~。

 

「私はりおん以上にりおんのことを思っていて」
引用元

 

また、この2人の仲が良いエピソードとして有名なのが、2014年の「サヨナラ公演お茶会」での、凰稀かなめさんの上記のセリフ。

 


引用元

 

これ、実は実咲凜音さんも同じことを思ってて、作中での共演や絡みはなかったものの、「コンビ愛」をすごく感じるエピソードです(^^)

 

管理人
その場にいた多くのファンが感動しました。でも、管理人も2人の共演をもっと見てみたかったな~って気はしてしまいますが・・・。

 

実家が東宝の地主で金持ち?

引用元

 

あと、凰稀かなめさんって言ったら、前々から気になってたのは「実家」のことについて!

 

「やたら大金持ち説」をちらほら耳にするんですよね。

 

鳳稀かなめさんが東宝の地主の孫って本当なんですか?
引用元

 

2ちゃんでもこんな「東宝の地主の家系」噂があったりするわけですが、結論から言うとこれは事実ではありません。

 

なぜこんな噂が出てきたのかっていうと・・・

  • 彼女が所属していた劇場の地主が「オークラ財閥」だった
  • それを東宝が借りていると言われてた
  • 凰稀かなめさんの家族の話などから、「母親がオークラ財閥一族の家系である」という説が出てきた
  • 「凰稀かなめさんの実家はオークラ財閥であり、土地を貸したりお金を援助する代わりに、娘を宝塚のトップにさせた」説の浮上

っていう経緯を経てのことになります。

 

が、このファンの夢を壊すような憶測は正しくないです。

 

かなめの部屋で書いてた品川の祖父母宅っていうのはどうやらママの実家みたいね
引用元

 

祖父母(母親方)の実家は、地主ではなく、品川の一般家庭であるとされていて、実際にはお母さんが地主でないことがわかってます。

 

管理人
ちなみに「お父さんはリアル大成の重役」ってのは、正しいそうです。

 

一般の会社とかだと、「コネ入社」ってあるけど、芸能界や宝塚なんてもろ「実力主義」のところですからね。

 

仮にそういう風にして宝塚とかに入ったとしても、今のこのネット社会でその情報を隠すのって不可能に近いし、凰稀かなめさんがお金の力で宝塚のトップに成り上がったっていうのは、非常に考えにくいでしょう。

 

管理人
ただ、娘を宝塚に入れるには、お金がかかるのは事実なので、「地主」とかでなく、「普通に裕福な家庭」ではあったと思いますが。

 


引用元

 

それにしても、この「男前な美しさ」は、見てて見とれしかしないし、男女ともに惚れ惚れしてしまうものがあります♪

 

彼女には、今後一般の女優さんとして広く活躍して貰いたいものです^^